価格の違い

様々なTシャツとその値段

一口にTシャツと言っても、さまざまな会社からTシャツは発売されています。また自分のオリジナルのTシャツを作るなどといったこともあるでしょう。従って、その値段は安いものから高いものまで幅広く存在すると言えます。 一般的な店舗で販売されているようなTシャツの値段は数千円、高くても五千円程度で、これが基準になるでしょう。一方で安いものの場合は、千円を切るようなものも存在します。オリジナルTシャツの場合は、数十着程度を作るのであれば同じ程度で済みます。しかし、一点ものとして製作する場合は製版代が高くなり、場合によっては一万円を越えることもあります。このように、Tシャツによって値段はさまざまであると言えます。

値段の目安

具体的にどのような店で販売されているものが高いか、また安いかといった例を挙げていくことにします。お土産などで販売されているような版権料のかかるようなキャラクターものや、ブランド店で販売されているようなものは、Tシャツの中でも値段の高いほうとなると言えるでしょう。一方で最近では、ユニクロやしまむらといった安価に服を入手できる店が増えています。そのような店においては、千円未満の安い値段でTシャツを購入することも可能でしょう。 また全てのもの一般的に言えることですが、制作費がかかっていないものは品質がどちらかというと劣っていることが多く、何度も着て洗濯を重ねるうちに、安いものはすぐよれたりしてしまうことがあります。従って、丈夫なものを長く使いたいならそれなりの値段のものを買うべきであると言えます。