アイテムを作る

身の回りに潜むアイディア

いらない服を捨てる時や、布を使った時に出るはぎれ、皆さんどのようにしていますか。はぎれの中にはそのまま捨ててしまうのはもったいないものもたくさんあると思います。特に、革のはぎれはゴミにしてしまってはもったいないばかりです。そんなはぎれを、ちょっとしたアイデアで、身の回りの小物や、子供達と遊ぶアイテム、実用品のアレンジなどに活かしてみませんか。一度試してみたらどんどんアイデアが浮かび、楽しくなってきてしまって止まらなくなることでしょう。少し頭をひねって、まわりのものにアレンジを加えるだけで、その物に愛着がわき、モノを大切にするようになるキッカケにもなります。お子様がいる家庭では、おもちゃを手作りすることによって、モノを大切にするだけでなく、親子の絆も強くなるかもしれませんね。

ちょっとした知恵袋と手作り

ちょっとしたことで出る、布や革のはぎれは、どんな小さなはぎれでも、保管するようにしましょう。どんな使い道が隠されているかはわかりません。特に革のはぎれは、たくさんの可能性をもっています。せっかく残された可能性を、最後まで活かしてあげましょう。革のはぎれは、集まると強い耐久性を持ちます。地道に結びつけ合い、つなげてねじるという作業を繰り返すことで、カラフルで強い紐ができます。パーテーやプレゼントで実力を発揮するでしょう。 また、革のおもちゃというのもお洒落ですね。はぎれ同士をくっつけて、お子様と革のキノコを作る、なんていうのはいかがでしょうか。布や革を張り合わせて、革と布の封筒を作るのもいいアイデアではないでしょうか。お子様と学校との連絡袋などにも役立つこと間違いなしでしょう。